土地.COM

土地探しとは?

土地探しのルートはさまざま

土地.COM

住宅を建てる前には土地を探す必要があります。
土地探しにはさまざまな方法があり、いろいろな方法を試してみるのが良い土地を見つけるコツです。
土地の情報を多く持っているのは不動産業者です。
大手の不動産会社の情報はネットで検索が可能で、何社かの情報を集めてみると、その地域のおおよその相場をつかむことができます。
土地探しには地元の不動産業者を活用するのも掘り出し物を見つけるための手立てです。
地元の不動産業者は独自の人脈を持ち、公開されていない情報を持っている場合が多く、上手に活用すれば強い味方になってくれます。
新しく造成された住宅地の情報は、住宅メーカーが強みを発揮します。
住宅メーカーは住宅地の土地をあらかじめ押さえ、自社の建物と合わせて販売するのが得意です。
その場合は建築条件付の販売になり、その会社以外の建物は建てられないのが一般的です。
土地探しでは専門業者以外の友人や知人の情報も役に立つことがあります。
その友人や知人が直接情報を持っている場合もあれば、良い情報を持っている専門家を知っている場合もあるので、紹介してもらうことができます。
良い土地を見つけることは一種の縁のようなものがあり、さまざまなルートから物件を探すことが、良い土地を見つける秘訣です。

土地探しの失敗例と成功方法

資産価値が下がらずに安定して需要と収入のある不動産として、 駐車場運営やコインパーキング運営が注目を集めています。
駐車場運営に挑戦しようとする人の失敗例を1つ紹介します。
駐車場は更地や平地というイメージが強く、駐車場にするための不動産を購入する時に、 更地の売却登録がされている土地探しをする人がいます。
確かに更地は購入後に約1週間で駐車場になるので、 すぐに収入になる可能性はあるので間違いではないように思えます。
ですが、更地を土地探しの目安にすると必ず失敗します。
更地や駐車場は建造物と違って劣化しないので、不動産として資産価値が高いのです。
当然、まだ利用する人がゼロからのスタートだと、収入なしで 固定資産税という維持費だけが毎年重くのしかかります。
土地探しの失敗しないポイントは、駐車場であれば探した土地の周辺に、 住宅街やビジネスビルやショッピングモールなど、駐車場を利用する見込み客が 充分に確認できてから駐車場にするべきなのです。
それまでは更地や駐車場にするよりも、建物(資産価値が劣化して皆無のもの)を、 土地の上に立てておいた方が維持費が圧倒的に安いです。
なので、失敗しない土地探しをするならば、安くて発展性のある地域の、 経年劣化した建物付きの不動産物件を優先して購入するようにしましょうね。

recommend

日本をこよなく愛す小宮生也の投稿記事です。

小宮生也が見る日本の魅力


土地.COM