土地.COM

土地探しとは?

土地の登記はなぜ必要か

土地の登記はなぜ必要か

売買の契約で不動産を購入した際には、その不動産が自分のものであると第三者に主張するには公示が必要です。
そのために不動産には登記といって法務局管理の帳簿に自分が現在所有者であることを公に表示していくことになります。
土地もまた不動産である以上にこの登記をしなくてはならず、もしこの行為をしないとどうなるのかといいますと権利を失うことになります。
土地も売買の対象である、所有権は全体であるはずですが、売主が買主が何もしないことをいいことに別のものに土地を売ってその所有権移転の内容を登記した場合には、最初の買主は自らの所有権を主張できず、実質所有権移転がなされない状況になります。
これを対抗力とよび登記がなければ、第三者に自らの権利を主張できないということになります。
この制度は、所有権移転などの物権の移動だけではなく、確定的に自分に権利を移させていくための法的な手段ともいえますので必ず行うべきものでありと言えます。

競売物件となっている土地の入札について

競争入札というのは、売主があらかじめ決めておいた予定価格以上という前提条件のもとで、多数の入札者のなかから最高額をつけた人が、対象となっている土地を購入する権利を獲得できるという制度のことです。
一般的な不動産会社が取り扱っている物件であっても入札制度をとっていることはありますが、たとえば国や地方自治体の税金を滞納していたために差し押さえにあってしまった土地が、競売によって処分される場合に利用されています。
こうした土地を不動産会社の関係者以外の一般的な個人が入札しようとする場合には、かなりの注意を払わなければならないといえます。
それは、不動産会社が直接売却するのとは違って、瑕疵担保責任がないため、瑕疵があっても責任を落札者が負わなければならなかったり、前の持ち主の残置物があったりしてそのままでは使用できないといったトラブルを抱えていることが多く、実際にはそうした対応のために多くの金額がかかってしまうことがあるのです。


土地.COM